むち打ち症

むち打ち症

むち打ち症

 

むち打ち症とは、交通事故やスポーツ事故などで頭が振られ、頚椎が衝撃を受け、頸椎周囲の筋肉や靱帯、神経や血管などの組織に損傷を受けた状態を言います。
軽い場合は、首の痛みや、頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどの症状が現れます。
重い場合は、交感神経や筋肉の異常な緊張により、興奮状態・眠れない・だるい・発汗量の増大などの自律神経失調症のような症状が出たり、上半身に痛みやしびれがでたりと多岐にわたり症状が現れます。

また、むち打ち症というと首が痛くなるという認識がありますが、実は全身に症状がでるため、「首」だけの疾患ではないのです。

当院の治療法

まず全身症状の確認をします。

関節の機能異常があれば、関節を調整します。
筋肉や筋膜の異常があれば、もみほぐして筋緊張の異常などを正常化していきます。
また、自律神経の症状が強いタイプは症状改善まで時間がかかる場合もありますが、定期的な骨盤調節と自律神経調節作用の高い治療器で改善を目指しています。

症状が重い時は、慎重に治療を行わないとかえって悪化したりしますので、確認や修正を繰り返しながら治療方針や治療方法を変更していきます。

 

  • よこすか整骨院オフィシャル
  • 腰痛解消
  • 川崎麻世さんインタビュー
  • メディア掲載
  • からだが軽くなる体操教室
  • 同業者向けセミナー